本文へ移動

blog:

RSS(別ウィンドウで開きます) 

子どもを叱るということ

2019-04-19
ブランチAクラスリーダー長沼が更新いたします★
私には、小学2年生の息子と年長の娘がおります。毎日、毎日仕事をしながら子育て奮闘中です!!
また、同世代の子を持つ保育士として、保護者さんに寄り添いながら過ごしていきたいです★★

「叱り方」についてお話をしたいと思います(#^^#)
子どもが大きくなるにつれて、叱り方が厳しくなってしまったな…としばし反省をすることが多くなりました。
叱った朝、小学校へ向かう息子を見送った後や娘を保育園に送り出した後、一人になる時間に「言い過ぎたかな」と自己嫌悪に陥ることが多かったです。

また、子どもへ叱らなくてはならない時があり、話をしていくうちに「なぜ、そうなったのか?」などと子どもに問いかけている最中に子どもが黙り込んでしまうと、ついつい悪循環になってしまい、イライラしてしまうこともありました。

感情的になりそうなとき、どのように対応していますか?
 
年数を重ねたり、仕事を通して培った知識から「言葉掛けを肯定的に」を心掛けることによって、子どもも親もストレスなく過ごせることに気づきました!
子どもと一緒に成長するということや育児年数を重ねるということは、こういうことですね♪

子どもが黙り込んでしまうのは、大抵なぜ叱られているのかわからないケースが多いのです。
そうした場合は、子どもと一緒に出来事を振り返ることが大切です。

その時は、叱る気持ちは一呼吸おいてみましょう。

一方的に「ダメ」「やりなさい」「謝りなさい」などの否定的な言葉ではなく、肯定的に話してみることで自然と親子の会話の中でいい雰囲気が作られます。

例えば…

・「座りなさい」ではなく、「〇〇くんと一緒に座って、〇〇したいな」
・「走らない」ではなく、「ゆっくり歩こうね」

否定的に話すより、肯定的に話すことによって、叱る気持ちでいたのに、いつの間にかそのような気持ちが消え、子どもも大人も少しずつ冷静になります。
また、少し前まで黙っていた子どもも肯定的に話をすることで、「こうすればよかったのだ」「こうしよう」などとプラスな考えができるのです。

ただ、大きな声で叱るのは全く効果ありません。
ポイントは、「具体的に」「肯定的に」です。

私たちは、親です!!今しっかり向き合ってしつけることは子どもの未来へつながります。もちろん、叱るだけではなく、褒めてその子のいいところを引き出してあげましょう。

子どもはお母さんが笑っている姿が大好きです。お母さんが笑っていると、自然と笑顔になります。
お母さんが怒ってばかりだと怒りっぽい子になります。
お母さんが不安そうだと、子どもも不安になります。

小学生になると、親より友達になってしまうと聞きます!!それは、その子その子で時期は異なります。
親は、子どもが大きくなるにつれて嬉しい半面、寂しい気持ちをあるものです。
その、寂しい気持ちを抱かないくらい「やりきった!」と思えるくらい存分に幼児期を楽しみながら関わってほしいと思います。

※何か、お困りなことやなかなか言い出せない相談事がありましたら、お気軽にお話ください。
メンタル心理カウンセラー資格を生かし、全力でサポート致します。

良い生活習慣

2019-04-16
今年度より、ブログにて現在子育て中の保育者が、テーマを決めて子育てに関するブログを更新します♪
 
4月のテーマは「子育てのプロが教える家庭の秘訣」です。
 
今回は、保育事業部マネージャー河本が、こどもの睡眠時間と、寝かしつけについてお話をさせていただきます。
 
我が家には6歳と、3歳の息子がいます。現在は二人とも21時に寝て6時に起床するという、約9時間の睡眠のサイクルで生活しています。
 
このリズムを身に付けるまで、とてもとても苦労しました。
 
寝る前の遊びが盛り上がってしまうと、興奮してなかなか寝付けなかったり、夕食の時間が遅くなってしまうと、それだけ寝る時間が遅れてしまったり、とにかく、不規則になりがち。また、寝るのが遅くなると翌朝起きてくれず、それで朝もドタバタになってしまうことも多々ありました。

そこで考えたのが、寝る前に決まったルーティーンを作る、ということです。
私は、20時30分から、お休み前の絵本タイムを設けています。これは、時計とにらめっこをし、ゲーム感覚で、指定した時間までに寝る準備が終わったら、好きな絵本を一冊読む、もし時間を過ぎてしまったら、親が選んだ絵本を読む、時間を設けています。
この絵本をおやすみ前の決められた時間として、布団に入るようにしています。
もう一つ、気を付けていることは、大人が体を起こしたままだと、絶対に子どもは寝てくれません。そのため、一度はすべて電気を落として、子どもとともに寝る体制を作ってしまいます。
こうすることで、子どもも安心して、眠りにつくことができるようです。
リズムが作られるまで、寝着くまでに時間はかかりましたが、この流れが定着すると、夜、自分の時間を作りやすく、家事や趣味の時間も増やすことができています。
 
 
子どもの必要な睡眠時間をご存知ですか?
アメリカの睡眠医学会によると
 
・4カ月~12カ月:1日12時間~16時間
・1歳~2歳:1日11時間~14時間
・3歳~5歳:1日10時間~13時間
・6歳~12歳:9~12時間
 
といった結果が出ています。
「一日」というのは、お昼寝も含めた時間ということです。
そうすると、1歳から2歳では保育園でのお昼寝は長い子は2時間ですからご家庭でも9時間からの睡眠時間が必要になってきます。
 

日々の生活での、ちょっとした工夫、ぜひ参考にしてください。
3
6
8
4
4
4
TOPへ戻る