本文へ移動

blog:

RSS(別ウィンドウで開きます) 

しつけ「食事編」

2019-05-14
保育専門リーダー香月です。
2児の母。育児経験、保育経験を生かし
日々、子育てに悩まれている保護者様の良きアドバイスができるよう、
全力でサポートしてまいります!

今回のテーマは
★こどもへの「しつけ」食事編★

子どもに「しつけ」をしすぎていませんか?
しつけをすることは、子どもが社会で生きていくために必要な“親の役目”。
そうは分かっていても、いつからどのようにしつけをすればよいのか、色々な情報が溢れていますし、悩んでしまいますよね。
­
子どもを厳しく「しつける」べきなのか、厳しくしすぎるとのびのびと育たないのではないか…など、とくに自我が目覚め始めた子どものしつけには悩みがいっぱいですね。

私自身もその一人です。
今日に至るまで保護者様からのお悩みご相談を数多く受けました。
その中から今回は食事のマナーについてお話します。

子どもへの「しつけ」はどのようにすればいいの?

・お箸の持ち方はこうしなさい!
・テレビを観ながらご飯を食べてはいけません!
・挨拶はしっかりとしましょう!

 
こういう生活のマナーを伝えるのは、確かに親の役割ですね。
しかし、食事のときにあまり口うるさくするのは、心理的にマイナスが大きいことがわかっています。
なぜなら、子どもの成長には、食事による「栄養摂取」とともに「リラックス摂取」というものが欠かせないからです。伸びやかな心が育つにはリラックスして一人で自由になんでもできる時間がとても大切なのです。ですから、食事のときに「お茶碗の音を立てないで」「猫背になって食べない」といったことを毎度のようにうるさくいわれたりすると、当然ながらリラックスして食べられなくなります。すると、同じ食事を摂っても消化機能が落ちるため、栄養摂取効果が下がってしまう。といわれています。

こんな実験があります。(日本教育心理学会研究結果)
食事のときに親子で今日の出来事を話さなくてはいけないグループ、何も話さなくてもいいグループをつくり、どちらの子どもがリラックスして食事に集中できるかを確かめたもの。

結果、親子でおしゃべりしながら食事をする前者より、後者のほうがずっと子どもは安心して食事をしていることがわかりました。

もちろん、親子との会話は大切な栄養素です。
栄養摂取が重要な子ども時代は、なおさら食事の時間が大切ですね。食事中は少々お行儀が悪くても、できるだけ楽しく穏やかに過ごさせてあげるべきです。マナーやお行儀は、食事の時間以外のときにしっかり教えてあげて、食事が始まったらもうそういう話は切り上げてみましょう!
 
将来的には、自分の所作をほめられることで、親にしつけてもらったことを感謝する日がくるはずです。
また、挨拶や食事の作法、片付けのやり方など、子どもは親のことをよく見てマネをしようとします。
 
子どもにしつけをする前に、周りの大人が行儀の悪いことをしていないかを、いま一度見直してみることも大切です!

リフレッシュ

2019-05-13
シーズクラス(0歳児クラス)担当の小島です。
現在、3歳児の娘がいます。毎日慌しく過ごしながら、子育てに奮闘中です。
 
さて、皆さんは、仕事と子育てと家事と…とそんな毎日にストレスを感じたり、イライラしてしまったりすることはありませんか?
 
今回は、そんな育児中のストレスとリフレッシュについてお話ししたいと思います。
 
結婚する事でも、それまでの生活とはだいぶ変わる事もありますが、出産し、育児が始まると、夫婦のライフスタイルが大きく変化します。
「一人の時間」がなくなり、好きな時間に休んだり、寝たりすることも出来なくなります。お互いに「自分の方が大変だ」と大変さ比べになってしまうこともあると思います。
そんなイライラする気持ちは、子どもにも悪影響を与えてしまいます。
 
そこで、育児のストレスや日々の疲れを半減させるべく、我が家では、父親のお休み、母親のお休みとして、育児はお願いして、月に1度は友達と食事に出掛けたり、のんびり休憩したりと一人の時間を作ったり、実家に預けて夫婦2人で食事に出掛ける時間を作るように心掛けています。
丸一日とはいきませんが、半日でも数時間でもそんな時間があると、リフレッシュ出来、また「頑張ろう」と思える力になったり、家族で一緒に過ごせる時間の大切さもより感じられています。
 
子育ては、「手伝う」事ではなく「協力」してするものです。共働きの家庭が多いと思いますが、それぞれの家庭で上手なお互いのリフレッシュ方を見つけ、イライラせずに、笑顔で子どもと接することが出来ると良いですよね。
ちなみに、昨日の日曜日は、母の日という事で、パパがパパ友と半日、子連れで公園へ行ったり、食事へ行ったりと面倒を見てくれ、私は家でゆっくり過ごすことが出来ました。

褒めるということ

2019-05-10
リーフAクラス(2歳児)担任の浅川です。現在2歳半の息子のような娘がいます。

さて、私が育児で心掛けていることは「たくさん褒めること」です。
我が家の場合は、凄い場合はもちろんですが、一般的には気づかないでスルーされてしまうことも褒めます。
玩具の片付けをしたら、「すごいね!よく出来たね!ありがとう!」
散歩途中で道に落ちているゴミのような物を手に取ったら、「ゴミを拾ってくれたんだね!ありがとう!」
階段を全部のぼりきったら「すごいね!よく出来ました!」等、、、少し大袈裟なくらい褒め倒しています
そんな父と母の娘の自己肯定感はものすごく高いです。私たちが褒める前に「がんばったよ!すごいでしょ!」「見てて!すごいでしょ!」と言ってくるのでとても自信があるようです。
自分に自信があると例えば、何か困難なことがあったときに乗り越えていけるそうです。
「大丈夫」「あのときでした」「きっと出来る」あのとき出来たとか、自分は素晴らしい人なんだと思った経験が自信に繋がり、意欲にも繋がります。そしてまた今回も出来る、乗り越えられるという気持ちにもなります。

大人から見た凄いことと、子どもが出来た!と感じたレベルは必ずしも一致しません。大したことない当たり前だと思い、子どもを褒めないのはよくないことです。
子どもをどう褒めていいのかわからない方は、何か凄いことが出来た時に褒めるものだと思ってはいませんか?
いつもやっている当たり前の行動に注目すれば褒める機会を逃さずに済むかもしれません。
どうしても見つからなかったら、「生きてるだけですごい!存在が尊い!可愛い!」と褒め倒してはいかがでしょうか。

いつも挨拶や片付けが出来ているのに、たまに出来なくて叱るときは出来ることが当たり前になっているからです!
初めて「おはよう」と言えたときにはものすごく褒めてあげたはず、、、
継続して褒めれば子どもの中でその行動が強化されて定着されるはずです。
良い行動を続けている過程、姿勢を褒められることで自己肯定感も高まります。
最近叱ってばっかりだなと思っている方は、生きてるだけで尊いレベルの当たり前の行動を探してみるもの良いと思います。

しかし経験上、自分に余裕がないときは視野も狭くなってしまっているので、つい目に付く悪い事ばっかり注目してしまいます、、、
自分に余裕を持つことも大切かもしれませんね。

余談ですが、育児中の母親のストレス値はジャンボジェット機のパイロットと同じ値のようです。
ジャンボジェット機のパイロット並みの緊張感を、24時間育児をしている親は感じているということです。
育児の壮絶さ、緊張感がよくわかるパワーワードで衝撃をうけました。

食べ物の好き嫌いのない子が育つには?

2019-04-25
本日は、給食事業部・栄養士の池田が担当いたします★

我が子は、小学3年生の息子と1年生の娘。2人とも宮前保育園を卒園しました。

食の悩みは、生まれた時から成長していくにつれて変わっていきますが、毎日の食事だからこそ悩みは尽きないですよね。
今回は、好き嫌いについて書きます。

我が子、2人とも嫌いな食べ物はありません!!
とはいえ、苦手な食べ物は、やはりあります。。
しかーし!これ好きじゃないから食べたくなぁい(´ヘ`;) とか箸で弾いて残しておく( ̄m ̄)♪とかそんな事はしません。

苦手な物なので、多く食べることは求めていません。少量にしますが、お皿にのっていれば文句も言わず食べてくれます。

なんで?どうして?どうやったら食べてくれるの?!それは……
 

-------------- 後半に続く。-------------
 
 
 
 
ちなみに私自身は、好き嫌い多いほうだと思います(反省)
 


まず先に、どうして好き嫌いが出てくるのかと言うと生きる為の本能
なのです!甘いもの=エネルギーとなるものなので、甘いものが好まれます。反対に酸味や苦みは、食べると毒になるもの、腐っているものと認識し、口から出してしまいます。
胎児の味覚実験で、羊水を甘くすると飲む量が増えることが明らかにされています。こうした傾向から生まれてからの学習ではなく、本能であるということがわかります。

味覚は、五味と言われ 甘味・塩味・酸味・苦味・旨み からできあがっています。


さて、本題に戻りますが、
私が、子どもの食生活に関して、離乳食の時から心がけていたこと

①口から出しても食卓に出し続ける
②色々な食べ物に出あわせる


①については、離乳食を食べ始めて色々な食材を1つひとつ食べさせましたが、食材によっては口へ入った瞬間、すぐ出される。
それでももう1度食べさせてみる。やっぱり瞬時に出すΣ(・口・)

あ、これ好きじゃないんだな、もう食べないなと思わず数日後また出します。
今日も食べてくれない(ノ_・。)あんなに時間かけて作ったのに…と思いますが、諦めない!!
なぜなら、その食材を提供しない=食べる機会がなくなる=食べない ということです。
赤ちゃんでなく幼児なら、食卓にその食べ物が出てこなくなると“食べなくてイイんだ”と思い、じゃ食べない♪ラッキー♪
に繋がってしまいます。

少々苦手であっても1度や2度口から出されたくらいで、諦めるのは早いです。食卓に出し続けましょう!!
そして、一口でも食べられたら大いに褒めてあげましょう!



②については、色々な場所や人と出あって刺激を受けるのと同じく、出あわなければ良さを知ることはできません。
食べ物だって同じです。たくさんの食材に出あい、食べることで

こんな味の食べ物があるんだ!
こんな食感の食べ物があるんだ!
こんな音のする食べ物があるんだ!
こんな色の食べ物があるんだ!
こんな匂いのする食べ物があるんだ! と感じることができます。

幼少期にできるだけ多くの食材に出あわせてあげたいですね!

小さいころの食の体験や味覚の経験が乏しい子ほど、好き嫌いが多くなります。
子どもだけでは、食の選択はできません。
保護者が、自身の食生活にとらわれず、子どもの為に良い「食」を選択していきましょう!(*゚ー゚)ノ"☆                      

子どもと外遊び

2019-04-24
今回は、リーフ(1歳児)クラス担任小島です。現在3歳の娘がおり、妻と共に、宮前保育園でお世話になっています。
仕事に子育てにと、奮闘しながら、子育てしているご家族のサポートを全力でしていきます!

最近、娘は戸外に出ると、駐車場や自宅の前で石拾いが楽しいようで、家には沢山の石が集まってきています(笑)
いつの間にか、自ら自然物に興味を示すようになり、戸外へ出る事が増えました。

皆さんは、お子さんと公園に行ったり、散歩をしたり、外遊びをしていますか?
それとも、ゲームをしたり、テレビを見たりして過ごすことが多いですか?

脳が大きく成長する乳児期には、積極的に戸外に出て、出来るだけ多様な刺激を与えたほうがいいといったことが言えます。

澄みきった空や白い雲、柔らかく肌に当たる風、風にそよそよと揺れる枝葉、植物や土の匂い、と乳児期に外気に触れることで五感が働き、自然を味わえ、見る・聞く以外の刺激をたくさん受けられます。
また、戸外遊びでたくさん身体を使い、適度に身体を疲れさせておくと、心地良い疲れに襲われ、自然と寝つきも良くなります。頭と身体と心のバランスをとることができ、生活リズムも整います。

しかし「毎日、外に連れていかなきゃ」とプレッシャーに思う必要はありません。
大切なのは「多様な刺激」です!
戸外遊びが出来ない日は、指や手のひらを使って、手先で素材の感触を味わえる「粘土遊び」や自由に形を作ったりすることで創造力も高まる「ブロック遊び」がおすすめです!

どれくらい外遊びするのが理想だと思いますか?
子どもは、興味をもった遊びに熱中して遊ぶのですが、他の遊びにも興味をもち、遊びを次々に変えていきます。
そのため、ある程度の時間を確保できれば、その中で様々な遊びを行うので、結果として多様な動きを経験し、それらを獲得することができます。外遊びの時間が多いほど体力が高い傾向にあります。
40%を超える子どもの外遊びをする時間が一日1時間未満であることから、多くの子どもが体を動かす実現可能な時間として「毎日、合計60分以上」を目安としています。
ただ、子どもが体を動かす時間は、環境や天候などの影響を受けることもあるので、屋内も含め一日の生活において、体を動かす合計の時間として考えても大丈夫ですよ!


戸外遊びには、生きる力に必要な要素がたくさんあり、その経験が子どもの何年、何十年先の人生を形成することに繋がります。
戸外遊びが与える影響を考え、子どものこれからの可能性を一緒に伸ばしていきましょう!
宮前保育園
3
4
3
2
1
4
TOPへ戻る