本文へ移動

blog:

RSS(別ウィンドウで開きます) 

「おどし育児」とは

2019-06-25

こんにちは。ブランチAクラスリーダーの長沼 恵です。

今回は、「おどし育児」についてお話したいと思います。

 

日々、子どもが怖がる「おどし言葉」を使っていませんか?

例えば、お話が上手になると「これがしたい」「あれがやだ」などと自分の思いをはっきり話せるようになります。その中で、忙しさや親の思い通りに行動できず、つい!!イライラしてしまって「鬼が来るよ」「おばけくるよ」などと子どもが怖がる言葉を発していませんか??

知らず知らずに使っているその言葉が・・・「おどし育児」と言われています。

 

実は、私もそのような言葉を使ってしまったことがあるため、「おどし育児」と聞いた時には本当にドキッとし、反省しました。

 

子どもはその言葉が怖くて、ただその場しのぎで言う事を聞いています。実際は、なぜダメなのか?どうしてそうしなくてはいけないのか、理解できていません。

もし、このブログを読んで、ドキッ!としたお母さん、お父さん。

言い方を変えてみましょう。

「鬼が来る」という言葉から、「鬼が来て、○○ちゃんが怒られちゃうから早くやめよう」などと声掛けることによって、「お母さんは自分の味方だ」という感情が生まれ、守ってくれるという気持ちになります。否定的ではなく、肯定的に!!

 

なぜ、そうしなくてはならないのか、しっかり理由を伝えましょう。

何のためにしなくてはならないのか、少しずつでも自分自身で考えられるような言葉掛けが必要です。

 

今回は、「おどし育児」の話と例え話をしましたが、時間や気持ちに余裕があれば、決して「おどし育児」にはならないでしょう。今しかない楽しい育児を「おどし育児」ではなく、「褒める認める育児」愛情を持って行いましょう。

 

今の関わりが大人になった時に愛情深い大人になるのか、冷めた大人になるのか十分に関係してくることです。

ですから、本当に幼少期の育児は重要になってきます。

 

大切なこの時期、たくさんの保育機関のある中で保育園選びは大変なことです。

保育園で出会うお子さんの可能性を最大限に広げる役割のある保育士はとても責任のある職種だと思っています。

たくさんの体験と経験で刺激を

2019-06-17
シーズクラス(0歳児) 担任の伊藤です。現在5歳と2歳の娘、0歳の息子がいます。
 
子ども達が生まれてから子育ての中で大切にしている事は、出来るだけ戸外での遊びを体験させてあげる事です。
晴れた日の休日は公園めぐりをしていました。お座りが出来るようになった頃から戸外に出て、四季の空気や自然物に触れられるように関わりました。
雨の日には近くにあるショッピングセンターのキッズコーナーにお邪魔して、まだハイハイしか出来なくとも家とは違った空間でハイハイを体験して視野を広がり、意欲や興味を増やすきっかけとなれば良いと思って戸外や公共の場に出るようにしています。
 
そのような普段とは違った空間で過ごす中で私が大事にしている思いは、
「大丈夫、出来る」と子どもの持っている力を信じて見守ったり、時に手助けしたりする事ではないかと思います。
公園等に行くと「これしたい、やってみたい」と様々な遊具に興味を伝えてくるものの、ちょっと不安であったり、怖さを感じたりして訴える事がありますが、「一緒にやってみようか」「ここに手を置いて、足を上げて」等どうやって遊んだらいいのか伝えながら、後半は見守ってあげると出来るようなり、「できた!」と一人で出来るようになったり、違った遊具にも挑戦してみようと思う気持ちが育まれているようです。
 
「やってみる」「自分で出来る」「見守ってくれているから大丈夫」等の心を育てる事を大切に体験する事に伴い、身体能力も経験が積み重なり育まれていくと感じています。
 
その中で、戸外遊びで得られる5つの効果を紹介します。

1.運動神経が高まる!

■外遊びの特徴

・地面のデコボコを体で感じてとらえ、転ばずに歩いたり走ったりする工夫が自然にできる

・斜面を登ったり降りたりすることで体幹の筋肉が鍛えられる

・外の空気や日光からの刺激を感じ、皮膚が強くなる

・四季折々、天気によっても異なる環境を感じとることができる

 

2.コミュニケーション能力がつく!

公共の公園やキッズコーナーを利用していると、いつの間にか他の子と一緒になって遊んでいるという事もしばしばあります。子どもに聴くと「一緒に遊ぼうって言ってくれた」と教えてくれました。コミュニケーション能力の高い子や同じ空間出遊ぶ事により、仲間の作り方や遊び方を自然に遊びながら子ども社会で学ぶ事が出来るチャンスともなっているようです。

様々な場面に遭遇し、乗り越えることが社会性の基礎となります。大人になるとなかなかできない行動もありますが、子どものうちからさまざまな経験を積んでいくことで、素直な心でコミュニケーションがとれるようになるようです。また、外遊びが好きでも、多くの友達と遊ぶことが苦手だという子もいるでしょう。そんな時は仲の良い友達がひとりしかいないときでも、なんとかその遊びに参加してみるように背中を押してあげるのも大切です。回数を重ねていくうちに、自然と大勢の中でも遊べるようになっていくでしょう。

 

3.自分の頭で考える姿勢がつく!

その日に何をして遊ぶかを決定するだけでもこれだけの要素があります。そのため、仲間との外遊びを毎日繰り返していると自分の頭で考え、創意工夫することも繰り返すことになります。こうした経験は社会人になってから、ビジネスの場でも大いに生きてきます。

4.発想力がつく!

屋外は場所によってさまざまな特徴があり、その遊び場に応じた楽しさがあります。子どもたちは、その場所でどんな風に遊んだら楽しいかを、こうした工夫を通して、発想力が磨かれます。

こうした発想力も、大人になってもさまざまな場面で役立つでしょう。そして、日頃の生活のなかでも、ママパパが思いつきもしなかった柔軟な考えで新しい提案をしてくれ、びっくりさせられる場面もあるでしょう。

 

4.夜の眠りがスムーズになる!

子育て中の家庭に嬉しいポイントですね。

外に出てのびのびと体を動かすと五感と体力をフルに使うので、心地よい疲れを感じます。そのため、夜にはスムーズに眠りにつくことができ、生活リズムも整います。小さな子ほど遊び足りずに体力が余っていると眠ることができず、夜のぐずりにもつながります。昼間の外遊びでスムーズに入眠できると、以下のようなメリットがあります。

 
■夜スムーズに眠るメリット
・元気に活動する助けになり、気分がよくなる
・発育や成長が順調になる
・記憶力が発揮できるのでいろんなことが身につきやすい
・食べすぎず太り過ぎを防止する
・免疫力を高めやすく風邪をひきにくい
 
きちんとした睡眠がとれると、日中の機嫌もよくなります。子どもの機嫌がいいとママのイライラも少なくなり、気持ちに余裕が持てるというメリットもあります。
 
「寝る子は育つ」とはよく言ったもので、体が育つだけでなく心の成長にも役立っているのです。しかし、もし遊び過ぎて興奮してしまい、眠れなくなってしまったら、以下のような方法を試してみましょう。
 
■興奮を鎮め、眠りやすくする方法
・部屋の灯りを暗くして子どもと一緒に横になる
・呼吸を子どもにあわせてしながら隣で寝たふりをする
・子どもの胸をてのひらでやさしくトントンとたたく
・足などの緊張して硬くなっている部分を軽くマッサージする
 
0歳でも様々な個所に力を入れて生活し疲れはあります、トントントントンと背中や肩甲骨のあたりをマッサージしてあげると睡眠についてくれます。早く寝かせたい、という焦りは子どもに伝わってしまうので、「そのまま自分も寝てしまってもいい」くらいの気持ちでいるほうが子どもはスムーズに眠ってくれやすいようです。
 
戸外には成長に嬉しい効果がいっぱいあります。山梨は幸いにも緑が多く自然の中にある公園もたくさんあり、夏には水遊びの行なえる施設もあります。公園でなくてもちょっとした広場やスペースがあれば、子どもは自分で遊びを見つけるものです。安全に配慮しながら、できるだけ外で遊べる環境を整えてあげましょう。
 

トイレットトレーニング

2019-06-11
みなさんこんにちは。保育事業部の櫻本祐美子です。
我が家には女の子と男の子の二人の子どもがいます。
女の子と男の子って性格が違うというが本当に別の生き物ですね。
その違いに日々、楽しんだり、時には驚いたりしながらも楽しく過ごしています。

私の育児のかなで少しだけ自慢?出来ることは二人ともオムツが2歳3~4ヶ月で取れたとということです。
上の子は、娘の担任の先生からの声かけもあり2歳になる少し前から始めました。その時私は下の子の産休、育休中だったので気持ちにも時間にも余裕があったからですよね。
あまり悩まず、『あっという間に取れてしまった』というのが正直なところです。なので、下の子の時には『上の子が取れたんだから下の子も…』と安易に考えてトイレトレーニングをスタートさせてしまいました。
でも、実際に始めてみると仕事が終わり二人を迎えに行き、帰宅。ご飯にお風呂…とバタバタしていると『ママ~、おしっこ漏らしてる!』と上の子の声が。『あ~も~!!』と何度も思い『どうして漏らすの!』と言いかけたことも…。
でも、よ~く考えてみると漏らして当たり前。だって練習中だもん。そして、『漏れちゃっても仕方がない。洗濯は洗濯機がするから大丈夫』と考え方を変えてみました。
ありがたいことに、下の子のは男の子でしたが口が早かったので『しー』や『ママ、しー』の言葉を聞き逃さないようにしたりおしっこに行きたそうなそぶりを見逃さないようにしたりしました。そして、なるべく、上の子と同じタイミングでトイレに行かせトイレに対してあまり違和感を持たないようにしました。その甲斐あってか息子はトイレが大好きに…。
 
用がなくてもトイレに行くようになってくれました。そのため、気がつけば電気がつけっぱなしになっていたり、トイレットペーパーが散乱していたり、時には変えたばかりのトイレットペーパーがカラカラと引き出され全て便器の中に捨てられていたことも…この時は怒るよりもなんかもう、笑うしかなくて…。(何回かに分けて流しトイレは無事でした。)
 
そして、初めは立ってオシッコは出来ないからと上の子の時に用意した補助便座をつけてオシッコをさせましたがこれまた失敗。男の子ってオシッコは上にはねるんですね。補助便座の縁にオシッコが当たりトイレが大変なことに…。
それからは、補助便座は使わないようにし、便座の少し後ろ目に座らせオシッコをするようにしました。忙しくて、毎日続けられないこともありましたがそこでやめてしまうのではなく、2~3日空いてもまた出来るときに行うようにしました。出掛けるときには無理はせずオムツを履いて出掛けました。
ただ、トイレに行けそうなときには外出先でもトイレに行きお店などのトイレにも慣れるようにはしました。息子も段々、意志が出てきてどうしてもパンツを履きたいと言ったときにはパンツの上からオムツを履かせる(逆の場合もあり)などして過ごすこともありました。そんなことを繰り返しているうちにスムーズにトイレに行けるようになりオムツが取れました。
息子もパンツになったことでお兄さんになった気になり少し自信もついたようでした。
仕事など毎日、忙しくしているとどうしても日々の生活の中で楽な方を選びがちです。でも、少し大人が考え方や接し方を変えるだけで子どもの成長は大きく変わってくると思います。
ぜひ『うちの子には無理!』、『こんなに早くからやったって!』などの思い込みは捨てて『うちの子は天才だから出来る!!』ぐらいの気持ちで色々なことに挑戦してみてください。きっと、子どもさんの素敵な成長にたくさん出会えると思いますよ。
 

褒めて育てる

2019-06-06
保育事情部リーフクラス担任の石田好美です。

日頃、子育てをしながら、お仕事もしながら、日々奮闘していらっしゃる保護者の皆様には、本当に頭が下がります。素晴らしいです。

なかなか子どもは親の思う通りにはいかないものですよね。色々といたずらはするし、出かけようと楽しみにしていると、必ず熱を出したり・・・と大泣きしている我が子を前にこちらが泣きたいような気分になったことを覚えています。

今は私の3人の子ども達は成人し3人目はまだ学生ですが、今だからこそ思い出してみると・・・

色々ありましたが、楽しいことしか思い出しません。兎に角直ぐに風邪をひきやすい子ども達でしたので季節の変わり目は気を遣いました。3人の子ども達には、普段あまり家にいない父親の存在が薄くならないように会話の中に
「お父さんがね・・・」の言葉を入れました。後は褒めて、褒めて育てる事を意識しました。

「生まれて来てくれてありがとう」「お父さんもお母さんも、あなたの事が大好きだよ」しっかりと目を見てはなしました。

今は、成人した子ども達から「お母さんは怖かったなぁ」との感想がちらほら聞かれます。また子どもは大人が忘れてしまった事もよく覚えているものです。・・・(あまり大きな声では言えない内容も・・)
今でも仲良し家族で楽しく会話をしています。

また、今年1月に生まれた娘の子どもを見るにつけ「あ~あ!そういえばこうだったかな。」と、自身の子育て中は夢中で過ごしていたので今もう一度子育てをやり直したいくらいに反省しています。

保護者の皆様、いろいろ子育てで悩めることも多いと思いますが、独りで悩まないで、ぜひ宮前保育園に相談して下さい。
おまちしております。

意欲を大切に

2019-06-04
保育事業部リーフクラス担任の立川です。

私は、2男1女の母です。

子供が生まれてから、夜泣きはする、1-2時間おきの授乳に苦しみ、育児書通りにならない物だなーと思いました。
頭はボーっとし、いくら寝ても眠い日々でした。

子育ては、大変なんだなーと母になって、自分の母親に感謝するようになりました。そして、子供の成長と共に自分も成長できたと思います。
「おすわりが出来た。」「つかまり立ちが出来た。」「一歩、歩いた。」「ニッコリ笑った。」
等々、毎日の変化に喜びが得られるようになりました。

私は、子育て中、「ダメ」を言わないように決めました。出来るだけです。危険が伴う場合や、社会のルールに反する場合は、ハッキリ「ダメ」と言って教えなければなりませんが、たいていの場合、肯定的に受け止めてあげました。もしも、「こんな事をしてはダメでしょ。」と、いつも怒られてばかりいたら子供は、どう感じるでしょうか。
自信を失くし、やる気がうせてしまうでのではないでしょうか。
自らのやる気と意欲を大切にしました。
やりたいと言った事は、できるだけやらせてみる。小学生の頃は、スイミング、ミニバス、スポ少サッカー、ピアノ
。経済的にとか、環境面で限度は、ありますよね。
自分に向いてるのは何か。を見つけられる良い機会です。学校や家以外の大人との関わりを通して、社会性が身に付きます。親や先生から「あれをやりなさい。」「これをやりなさい。」では、自主性は育ちません。

我が家の子供3人は、既に成人し立派か、どうかわかりませんが、大人になりました。行きたい学校を選び、なりたい職業を選び、社会人として働いています。

自分で考えて行動する力を育てたいと、私は思います。
宮前保育園
3
4
3
2
1
1
TOPへ戻る