本文へ移動

blog:

RSS(別ウィンドウで開きます) 

片付けの習慣

2019-08-19
シーズクラス(0歳児) 担任の伊藤が担当します。

現在5歳と3歳になった娘、1歳になった息子がいますが、仕事が終わり帰宅すると、リビングは足の踏み場もないほどと言っても良いほどに、玩具や工作して遊んだ物が散乱しています。
まず、私が帰宅して「ただいま~」とそれぞれに言った後の作業は片づけです。
妻は片づけてもすぐ散らかしてしまうからと諦めモード。当然のことと思います。
やんちゃな時期はそういった家庭も多いことでしょう。

しかし、まだハイハイして何でも口に運んでしまう息子もいるので、一時でも安全な環境で遊べるように何とかしなければと考えたのが「頑張ったねシール」でした。
一般的にもありがちですが、子どもはシールで遊ぶのが大好きですね。しかも今は安くて可愛い物が色々と売っています。

5歳と3歳の娘を対象に片付けを指示して行なうのではなく、一緒に片付けを行なうことで「これはどこにしまうの?」「これはここ?」等、大人の片付ける姿を見ていてくれたようで、一緒に片付けをやり始めると物の元の場所を確認しながら、片付けをしてくれる姿がありました。
終わった後には「綺麗になったね」「広くなった」と片付けを行なったリビングに喜ぶ姿があり、
きっとシールの事等、忘れてしまっているかなウシシ…と思っていると、
「シール頂戴!」しっかりと覚えていました。
※シールの管理は大人が行ない、1回のお手伝いに1枚としています。

「頑張ったねシール」を始めて何日かして、いつも通りに帰宅すると玄関で、「おかえりー、パパ見て―」とリビングに連あれていかれ「パパが帰ってくるかなぁと思って片付けしたよー、綺麗でしょ」と進んで片付けをしてくれていました。その時にはシールを貰うよりも、『自分たちで片付けが出来た』という達成感に喜んでいました。
そこに「綺麗だと気持ちいいね」等の肯定的な言葉を添えてあげることで、出来たことに対して認めてあげ、自身で身の回りの始末をすることや大切にする習慣が付くように育んでいきたいと試行錯誤、奮闘しております。

家庭での保育でも、遊びながら保育と、近い目標を与え達成を繰り返すことで喜びを感じ習慣へと身に付いてくれれば良いなという気持ちで見守一緒にやることを大切にしています。

大切にしていること

2019-08-14
 子どもは「宝」です。
「生まれて来てくれてありがとう」と、子どもを抱きしめてあげたいですね。
 子どもも、親も、初めましてですから、いろんなことが、初体験です。ですから、もちろん失敗もあります。でもそれ以上に、子どもの笑顔が出てきたときに、その喜びは2倍、3倍となることでしょう。子育てには、これが正しい、それは間違いは、ありません。お父さん、お母さんが、二人で協力して、試行錯誤して一番良い方向を見つけていく事が、大切だと思います。
「三つ子の魂百まで」の諺のように、どんなにちいさくても、子どもは、生まれた時から、一人の人間として人格を持って生まれてきています。ですからそこは、たとえ親であろうとも、子どもの人格を否定するようなことはしてはいけないと思います。
子どもは、親にどんなに叱られたとしても、やっぱりお母さんが大好きです。お父さんも大好きです。でも、なかなか思い通りにならないのも子育てです。
 子どもは、しっかりと見ています。親の背中を、しっかりと学んでいます。毎日、毎日お疲れ様です。子どもも全力で頑張っています。ですからお母さん、お父さんも全力で相対していきましょう。
 長い人生ですから、いろいろあってあたりまえです。家族みんなで、協力して、いろいろな問題も乗り越えていけるのです。まずは、目の前にある、どんなに小さなことも、どんなに大きな問題も、家族がいれば、乗り越えられるのです。それが、家族なのです。
 理屈ではありません。子どもの笑顔があれば、乗り越えられるのです。
 子どものために、犠牲にすることもあると思います。しかし、それは長い人生の中では、プラスマイナス=0になると思います。子どもを信じて、お母さん、お父さんを信じていきましょう。毎日、毎日、明るく笑顔で生活していきましょう。

歯磨きの大切さ

2019-08-01
ブランチクラスの阿部が担当します。
子どもの成長はとても早く、我が子もすくすく成長しており、最近は歯が生え始め、歯がゆいのか、歯固めやおもちゃなど様々な物を口に入れて噛んでいます。歯が生え始めて歯磨きをするようになったので、今回は「歯磨きの大切さ」についてお伝えします。
口腔内を清潔にして、虫歯予防のために行う歯磨きは子どもにとって大切な生活習慣の一つです。幼児期後半までに、食事、睡眠、運動の生活リズムを身に付けるのと同じように、歯磨きの習慣づけが大切です。親子のふれあいの時間として楽しい雰囲気で行われるべき歯磨きも、子どもが嫌がるのを無理に磨くと、親子のストレスになったりすることあります。
そこで、歯磨きの準備期~自立への段階をご紹介します。
 
乳児期前半:出生後、半年くらいは哺乳が主体の時期ですが、次第に指しゃぶりや玩具をなめるなど、口の中に様々なものを入れて感覚を楽しみ、歯磨きを受け入れる準備を始めます。「おもちゃじゃないからダメ」ではなく、誤飲には十分注意しながら、口に物を入れる経験をさせてあげましょう。また保護者は、口の周りを手で優しく触ったり、ガーゼを歯茎にあてるなどし、口のケアの第一歩として親子でのスキンシップをとりましょう。口に物を入れることに慣れると、歯磨きがスムーズに始められます。
 
乳児期後半~幼児期:乳児期後半は基本的に親が磨くことが基本ですが、幼児期になると、歯磨きの自立に向けて準備が始まります。
嫌がる時は、家族みんな一緒に歯磨きタイムを設けたり、「前の歯だけ磨かせて」など無理のないよう、楽しく磨いていきましょう。まだまだ保護者の仕上げ磨きや口腔内の確認が必要です。
 
我が家も、夜寝る前に、子どもとスキンシップを取りながら、まずは子ども一人で赤ちゃん用の歯ブラシ(喉の奥までいかないもの)を持たせ、少しなめたり噛んだり遊ばせたあとに、私がブラシで優しく磨いていますが、全く嫌がらずに習慣づいています。
「親子で楽しく」を心掛け、歯磨きの習慣をつけていきましょう。

男の子の子育ては最高!

2019-07-30
ブログを見てくれている皆さま♪ こんにちは。
子育て支援事業部所属!アン・シャーリーこと、小林身奈です!
 
我が家には、3人の男の子(中3・小5・小2)に恵まれ、毎日楽しい日々を過ごしています。
男の子3人…と聞くだけで、みんながみんな「大変ですね…」と言われてしまいます。もちろん実際そうなのかもしれませんが、今思うと1人目を出産したときが一番大変でした。まさしく、男の子って大変!!の日々でした。

男の子は、危険な事が大好きで、何でも興味を持ち探究心旺盛で、外へ出たものならばハラハラドキドキだからです。
仕事と家庭と子育ての両立に悩み、最終的には自分を責め、夜布団へ入ると涙があふれ、そんな自分と向き合ってきました。
何より一番つらいことは、育児書などに書いてある通りに頑張ってもうまくいかないことギャップでした。そういう時は、自分自身我が子に向き合っているにも関わらず、いつも周りを気にして自分の中で比較し、また落ち込む。。負のサイクルでした。

そんな時、1冊の本と出会いました。
その本と出会い、自分自身の子育てをもっと楽しもうと思えるようになりました。
「男の子の子育て=大変」ではなく、「男の子の子育て=楽しい」と思うようになったのです。
男の子は、目で見て触れて体験したいという欲求が強いからです。
まずは1歩ずつ。子どもの興味を持つもの、持つ事を一緒に探究する事から始めました。

遊び、機械もの、遊具、生き物、自然などです。全てにおいて、ただ楽しむのではなく、どういう仕組みなのかな?なぜ?どうして?何を食べるのかな?と一緒に考える事です。ここが男の子育てでとっても楽しい事でした。
男の子を育てているお母様方がみなさん悩まれる生き物…このハードルは高いようで、子どもの発見にとっさに「気持ち悪い、キャーやめて」と声をかけてしまうという事です。全てにおいて楽しみ方はありますが、今回は生き物についてお伝えいたします。

私も、昔から虫は苦手。触るなんてもってのほか…という考えでした。ですが、男の子の子育てでは克服のチャンスでした。1人目では、上記の反応を子どもにうえつけてしまった私ですが、2人目からは気持ち改め、上記の反応はぐっとこらえ、共に生き物の大切さを一緒に興味をもって学ぼうとしました。(主人が虫が好きではないこともあり余計にでした)

学ぶからには、本格的に…これをモットーにです。
男の子の大好きなカブトムシも、季節で飼うのだけでなく、子孫をのこし、冬の間卵を孵化させ、幼虫を家族のように大切に成長を見守り、立派なカブトムシに育て、自然へかえす。そこまでです。私も1年間共に過ごし、幼虫の可愛い鳴き声を初めてききました。とても軟らかい体も触ると一瞬で硬くなることも・・・全てが子どもと一緒に知り楽しむ事ができました。本で見て知っていても、実際に体験し触れることで命の大切さを学ぶことが出来るのです。
では、興味がある虫を全て虫かごで育てなければならないわけではありません。お散歩で子どもが見つけた生き物、不思議な植物などカメラにおさめ持ち帰る事が男の子のポイントですね。お家に帰って図鑑で調べるのもよし、ネットもよいですね。
しっかりと、カブトムシの一生を体験し学んだ我が子は、毎年カブトムシを育てるなんて言い出すかな?とドキドキしましたが。想像とは違いました。その後、現在に至りまたお家で飼おうとはいいませんでした。子どもに聞くと、カブトムシさんは、もう全部知る事ができたらお家では飼わないそうです。満足の領域まで学んだのでしょうね。

お母様の第一歩!!共に頑張りましょうね。

宮前保育園子育て支援センターでは、美味しいランチやアフタヌーンティーをゆっくり楽しむことができます。子育て経験をいかしアンとギルバートがお母様方の子育てをサポート致します。皆様のたくさんのご来館をお待ちしております。

しつけ「マナー」について

2019-07-23
乳児保育専門リーダーの香月です。
日々、子ども達と沢山の発見や、感動を共有しコミュニケーションを深めています。
また、子育てに関する知識や技術を生かし、保護者様と大切なお子様との関わりを支援しています。
今後も何なりと子育てに「?」「○○したけどうまくいかない」
「どうしたらよいかわからない」「不安」「いつから始めればいいの?」
等の心の声を気軽にお話してください。子ども達の為に共に考えていきましょう!
 
今回のテーマ:しつけ「マナー」について。
子育て中であれば、だれもが「しつけ」について悩むことはありますね。
よく聞かれる質問では
「先生!この子は何いってもいうことを聞かないんですよ!」
「先生どうしたら落ち着きますかね!」
「先生、上の子と全然違い、大変なんです」
等の話しも良く聞かれますが、皆さんそれだけ子ども達に向き合い悩み考えているという事! 少し深呼吸をし、我が子のこと、自分を振り返ってみましょう。
 
●外でのマナー
子どもは親の反応を見ています。電車やバスなどの公共の場で騒ぐことは、親がイライラするから、してはいけないのではなく、周囲に迷惑をかけるからいけないということをしっかり教えましょう。出発時に「今日は電車に乗るから小さい声でお話ししようね」と約束するのも効果的です。
 
●言葉のマナー
「こんにちは」「さようなら」「ありがとう」「ごめんなさい」といった基本的な挨拶ができると親としても誇らしいですよね。
「子は親の鏡」といわれるように、親が普段していることは子どもも自然にできるようになります。逆に、親ができていなければ子どもができなくても当然なのです。親としてあまり使ってほしくない言葉もありますが、流行りなどもありますので、子ども同士で遊んでいるときはなるべく子どもの世界を尊重しましょう。
 
●食事のマナー
最近は子どもだけで朝食や夕食を食べる「孤食」が増えている様です。
孤食は栄養の偏りだけでなく、食事のマナーも乱れがちになります。マナーのお手本親です。1日1回だけでも家族揃って食事をするようにしましょう。

お箸の使い方や食べこぼしが気になる場合は、食器や食材の形や大きさを見直してみるのもいいでしょう。また子どもと一緒に料理をしたり盛り付けをしたりすることで、苦手だった食材にも興味を持ち、無理に食べさせなくても自然と好き嫌いがなくなっていくかもしれません。

マナーについて絵本を通し、伝える方法もあります。
日ごろ、子ども達とのコミュニケーションをとりながら、ゆったりとした落ち着いた環境で
語り掛け繰り返し読むことも大切です。
ここで いくつかの親子で楽しくマナーを知る絵本を紹介します。
 
宮前保育園
3
4
3
2
1
8
TOPへ戻る